スポンサーリンク

父子家庭で子育てを愉しむ彼は神ってる!ママっぷりに泣けた!

父子家庭
Pocket

父子家庭で子育てが超楽しい!という

父子家庭で双子の女の子と男の子を育てているという彼の話には、

ひとり親としての苦労を苦労とも思わないで愉しみながら子育てをしている姿に、

感動の涙でご紹介したくなりました。

 

スポンサーリンク

彼は施設で育った!

彼がまだ小さい時に両親が離婚して、彼は施設で育ったそうです。

その施設がよかったのでしょうか?

とても素直で、「綺麗な心」がにじみ出て話しても心地良いのです。

 

「修道院」の施設だったとか・・・

 

両親を恨む言葉もなく、今では両親、祖母までも気にかけて1週間に一度は
会いにゆくそうです。

 

親が子どもを虐待したり、親子心中のニュース報道があったりすると・・・・
自分で育てることができないなら、施設に預けた方がずっと子どもは幸せ!

 

そんな気持ちにさせてくれた彼でした。

そんな彼は・・・・

双子の子どもの子育てを愉しんでいる!

シングルになった理由は人それぞれですが・・・

 

男の子と、女の子の双子の子どもさんの育児が出来ない、虐待するという理由で
妻と離婚したと語っていらっしゃいます。

 

今、小学5年生のお子さんの参観日には必ず出かけ、弁当作りも、
洗濯も掃除も手抜きしないとか・・・・

 

日曜日は必ず子供と一緒に遊びに出かけ、自分のために使うお金があれば
子どもに使いたい・・・

 

自分の洋服は、友人がくれるので全く買わない!

 

自分も施設だからと言っていじめにあったこともないし・・・

 

父子家庭だからと子どもがいじめられる様子もないそうです。

 

彼の人間性なのでしょうか?

 

お友達にも恵まれていらっしゃるようです。

父子家庭は7世帯に1つ

 

平成23年度の調査によると、母子世帯数は123.8万世帯、父子世帯数は22.3万世帯となり、
父子家庭は7世帯に1つという割合になっています。

 

母子家庭の母親は8割が就労し、これは海外と比べても高いのですが、
父子家庭では9割が就労しています。

 

母親自身の年間平均就労収入は181万円、父親は360万円です。

 

彼の場合は、母子家庭的要素が強いようで、子育て優先なので、
普通のサラリーマンのようには、残業や出張はできないようで・・・

 

子どもの都合に合わせながら請負業で生活を賄っているそうです。

彼が神ってると思った理由は?

彼は、車が大破する事故に2度会ってるそうです。

 

しかし・・・誰もが助からないだろうと思うほどの事故に合いながら無傷!

 

これには、周りの人が驚くばかりの奇跡の体験をしているそうです。

 

彼の不思議体験はまだあるようで・・・足場作業をやっていたとき3階の足場から
転落した時も全くの無傷で、ス~~と身体が地面に着地した・・と

 

これにも皆が驚くばかりだったと・・・

 

守られるということはこんな事をいうのでしょうね。

父子家庭も児童扶養手当申請できる?

父子家庭を支援してくれる手当制度もたくさんあります。

もし、まだ申請をしていないものがあればぜひ活用してみてくださいね。

児童扶養手当を受けるための条件

/

離婚していて両親が生計を同じくしていない児童
父または母が死亡した児童
父または母の生死が不明の児童
父または母が政令で定める障害の状態にある児童

0歳~18歳に到達して最初の3月31日までの間の児童が対象となります。

ただし、身体障害者手帳1級〜3級、愛の手帳1度〜2度と3度程度の場合は
20歳未満までが対象となります。

児童扶養手当の金額は?

児童扶養手当の支給額は、全額支給と一部支給によって次のように異なります。

子供一人目:41,720円(全額支給の場合)
子供二人目:5,000円
子供三人目:3,000円

※全額支給される場合の所得限度額については、平成30年の8月に改正されています。
改正後は、たとえば子供一人の場合は、所得が160万円まで、子供二人の場合は、
所得が215万7千円までであれば全額支給されます。

物価の変動率を踏まえて設定されるので、申請を検討する場合は
住居のある自治体に最新情報を確認しましょう。

 

自治体のホームページ情報が古い場合もあるようなので、気をつけてくださいね。

児童扶養手当の所得制限は?

 

 

児童扶養手当には次のような所得制限があり、支給額などが異なります。

 

実家で同居している祖父母や、兄弟姉妹の所得も含まれるので注意しましょう。

 

この所得の計算方法については、一部特殊な部分があるため、自治体の
ホームページなどを確認してくださいね。

 

各市町の事業は,お住まい の自治体によっては事業を実施してない場合があります。

 

残業や出張ができなくなって収入が減ったり、経済的に苦しくなったという
パパも少なくないようです。

 

困っているのは母子家庭に限りません。

 

必要な手当はしっかり申請して利用しましょう。

 

数字だけを見ると、父子家庭は母子家庭より収入が高く、生活に問題は無いように
思われるかもしれません。

 

でも、実情は厳しいです。

 

実際、双子の子どもが中学生に上がる時2人で

制服、体操服諸々で20万は頭が痛い~~

高すぎる学校制服にお金が足りない!

まとめ

子育てが超愉しいという彼の子どもさんはきっと・・・
のびのびすくすくと育って、愛をいっぱい感じながら育つのではないでしょうか!

いじめも、子供へのコミニケーションがあれば防ぐことができます。

父子家庭も、母子家庭も子育ての期間は過ぎてしまえば短いのです。

しっかりと愉しみながら子育てしたいですね。

一魂こめて・・・

 

タイトルとURLをコピーしました