引き寄せの法則を知れば母子家庭の子育ての悩みも不安も楽になる!

2018-01-24 18:54 




Pocket

引き寄せの法則って?

引き寄せの法則とは宇宙の原則の1つとして一般的に人気のある考え方です。

 

自分の望む事柄を自分の現実に引き寄せるという法則ですが、
望む事柄を引き寄せるって何かの魔法?

 

ちょっと胡散臭い話なんじゃない?

さまざまな疑問が湧いてきますが・・・

 

日々の思考や感情には常に引き寄せの法則が働いていて、まるで磁石のように
考えたことが現実化でき、良い方向に引き寄せられていくという法則って
嬉しくないですか?

 

望む思考だけでなく、望まない思考も引き寄せてしまうため、
思考や感情の持ち方には気を付けなければならないともされています。

願いが叶う! 人生が変わる! 「引き寄せの法則」「思考は現実化」するとは別物

引き寄せの法則の話しになると、成功哲学で有名なナポレオンヒル
「思考は現実化する」と混同してしまいがちですが・・・

 

ナポレオンヒルの「思考は現実化する」は、自己啓発書のバイブル的存在と言われ、
数多くの成功者をインタビューし、その共通点を研究した上で成功するための法則が
紹介されているもので、私も愛読していました。

 

引き寄せの法則は自己啓発というよりは、スピリチュアルに近いと位置づけている人が
多い法則です。

脳科学や心理学から見た引き寄せの法則は?

セルフイメージとは?

 

自分が自分のことをどのように思っているかというイメージです。

「自分は仕事ができる人間だ」
「自分は礼儀正しい」
「自分はあの人よりも優秀だ」
「自分は5人以上の前で話すと緊張する」
「自分にとって1,000円のランチは高い」

など、全ての行動に対して、自分らしさを持っています。

 

セルフイメージ通りに思考や発言、行動をしているので、セルフイメージ通りの
人生を歩んでいるといっても過言ではないのです。

 

と言うことは・・・・

 

セルフイメージが上がれば思考も発言も行動も引き上がるので、
人生の質も上がるということがいえます。

恒常性(ホメオスタシス)とは?

しかし・・・セルフイメージは一定の場所に定着する傾向があるそうです。

 

仮に貯金が100万円の人が宝くじに当たって3億円手にしたとします。

 

すると貯金100万円という自分のセルフイメージにふさわしくないため、
また100万円の貯金に戻そうとする無意識が働くそうで・・

 

実際に宝くじに高額当選した人は不幸になるとか・・・

 

破産率が高いということはよく耳にします。

 

高額当選者しか持っていない「宝くじに当選した時の心得」という冊子を
銀行から渡され、不幸にならないような心得が書いてあるようです。

 

宝くじに当たったばかりに不幸になった話も、あながち間違った
話しでもないようで・・

 

このことが起こる理由は恒常性(ホメオスタシス)の仕業だそうです。

 

人間は現状維持をしようとする機能があり、体温が上がれば下げようとし、
体温が下がれば上げようとします。

 

この恒常性(ホメオスタシス)は心理的にも働き、心理カウンセリングの
カリキュラムにもしっかりと想定されているのです。

 

この恒常性(ホメオスタシス)の働きにより、昨日の自分と同じセルフイメージを
保とうとするので、セルフイメージはなかなか変わりにくいようです。

スコトーマ(心理的盲点)

そのことで・・・

 

見ていても見えていないというスコトーマ(心理的盲点)が発生します。

 

セルフイメージが変わったら、心理的盲点の場所が変わり、
今まで気付かなかったことに急に気が付いたり・・・

 

発想の転換があったり・・・

 

これは、体感したことがあるのではないでしょうか?

 

自分が母子家庭になった瞬間に同じ母子家庭が気になりだした・・・

 

このように、スコトーマ(心理的盲点)の位置が変わることで、
今までの人生ラインが閉じて、新たな人生ラインが広がるのです。

 

引き寄せの法則をこれらのことに置き換えると、引き寄せたわけではなく、
発想や方法に気付くことができるようになり、行動が伴った結果、
引き寄せたような感覚で思考したことを手に入れることができるのです。

引き寄せを効果的にやる方法

「朝と夜に肯定語を唱える」

引き寄せの法則を効果的に使うためには、朝と夜に肯定語を唱えると良いと
言われています。

 

このことをアファメーションといい、一説によれば、人間の脳は1日に
6万回思考しているといわれています

 

全て言語で思考しているので、思考が肯定語を多用しているか?

 

否定語を多用しているか?によって、価値観や行動に影響を及ぼします。

 

起き抜けや寝る直前はα波やβ波の脳波となってリラックスしているので、
脳に働きかけやすい時間帯です。

 

この時間帯に肯定語を唱えることによって、脳の思考を肯定的にすることが可能です。

 

この時の肯定語は、すでに目的がかなっている設定で、現在進行形で行うと良いそうです。

「ビジョンボードを利用する」

ビジョンボードもイメージングの材料として有効だといわれています。

 

ビジョンボードは、自分の望むものの写真を貼り付けたボードのことです。

 

自分が住みたい家や、欲しい車、達成したい仕事の目標などを写真で貼り付けます。

 

叶った時の様子に近い写真をインターネットなどから引っ張って来て、ボードに貼り付け、
よく目につくところに貼り付けておくと、何度も成功イメージを脳に刷り込めます。

 

繰り返し見ることで脳が既に叶っているはずのことだと勘違いをし、
ホメオスタシスが働いて叶えさせようとします。

 

そのため、実現しやすくなるのだそうです。

 

なるべく日常生活でよく目にする位置に貼り付けておくといいようです。

「望みを叶えた自分として振る舞う」

イメージングの神髄は、すでに引き寄せたい状況になっていると脳に勘違いをさせ、
ホメオスタシスの影響でスコトーマの位置を変えることに尽きます。

 

肯定語もビジョンボードも、叶えたいことが叶っているという設定に臨場感を
与えることがポイントなので、臨場感を与える方法として、望みを叶えた
自分として振る舞うこと!

 

すでに自分がその望みを叶えて、叶った自分として生きていくのです。

 

望みを叶えている自分の表情や仕草、歩き方や言葉遣いまで、日ごろから
意識して過ごしていると、脳が勘違いしてくれるでしょう。

 

まだ望みを叶えていない自分に気づいた時に、本気で現状に焦りを感じたら、
効果が出始めている兆しだそうなので徹底的に演じ切るといいようです。

引き寄せの法則の体験例

引き寄せの法則と聞くと、いかがわしい魔法めいた印象を持つ人も
いらっしゃるかも知れません。

 

実践している人にとっては、ごく当たり前の日常生活で望みが叶うため、
とんとん拍子に望みが叶うのに、地に足ついた感覚でいるのです。

 

実際に引き寄せの法則が働いている時には、どのような体験をすることに
なるのでしょうか?

 

自分が望むものがなければ発言しなかったであろう事柄も、
自分の望みが強いために発言したとします。

 

すると、まるで磁石に砂鉄が付くように、望みに必要な情報が集まってくるのです。

 

自分の思い描いたことが実現する!

知らないうちに夢が叶っているなど・・・・

 

これらは偶然のようにも思えるかも知れませんが、情報発信することで
何らかの反応があるというシンプルな構図です。

 

望みの思いの強さによって、自分の発言や行動が変わるので、
強く思っているほど引き寄せの推進力は強くなる傾向があるそうです。

自分の思い描いたことが実現する

まとめ

無意識の状態で願望が達成する行動をしているってことでしょうか?

 

すると、法則の作用を邪魔する障害に必ずぶつかります。

 

それは、願いが本当に叶うのかと疑う気持ちと、不安や心配という名の障害。

 

願望が大きければ大きい程、不安や心配も大きくなります。

 

それでも、人生経験や知識や知恵があれば立ち向かえる!

 

そして、あなたの経験の外側、知識や知恵の外側には、大きな願いを叶える
”叡智” が寄り添って存在しているのです。

 

勿論、見えないし、分からないから、空論のように感じてしまうでしょう。

 

「子供の頃は願いが叶っていたのに、大人になったら叶わなくなった」
という話は何度か聞いたこともあるのではないでしょうか?

 

子供の頃は、引き寄せの法則を知らなくても、願いが叶いやすい考え方と
行動を無意識にしていたからです。

 

それが、大人になると出来なくなってしまう。

 

その原因は、常識、価値観、先入観、固定概念。

 

常識を持った大人として、周囲との協調性を保ち、平均的な思考や標準的な
考え方でいる方が、無難で安心するようになってしまったからです。

 

この世界を生きるには常識的な大人しては正解ですが・・・

 

この世界の正解と引き寄せの世界の正解は違うようです。

意のまま有りのまま・・・

心を解き放し自分の願望が叶う道が開けてくるかもしれません。

 

~一魂こめて~~