母子家庭

スポンサーリンク
母子家庭

母子家庭の子育てと仕事の両立は大変だけどホントは楽しいもの!

この数十年で、働く女性は確かに増えました。今では雇用されて働く人の約4割が女性です。 働いている若い女性の実態を見ると、結婚を機に退職する女性は減っているようですが・・・ 第1子出産を機に退職する女性の多くは・・・・ 「子育て、特に乳幼児期から学童期と仕事との両立が難しい」約6割が退職する理由のようです。
母子家庭

貧困母子家庭から這い上がって生きるには?自立の道を歩く覚悟!

結婚も離婚も近年減っています。厚労省の発表によれば、2018年に結婚したカップルは「59万組」でした。 前年に比べて、1万7千組減りました。結婚したカップルが60万組を切ったのは、戦後初めてのようです。 一方、離婚したカップルは「20万7千組」でした。前年に比べて、5千組減っています。
母子家庭

離婚で母子家庭にならない為に夫選びのかくれNG物件を見極めるポイント!

イケメン、優しい、気前がいい、一緒に歩いて自慢できる・・・・ そんな人が結婚してもよい夫になるとは限りません。 妻として一緒に暮らし始めると、結婚前の長所が短所に見えてくることもあります。 彼氏としてなら優良物件、結婚して夫として暮らし始めるとちょっとストレスが たまるかも?そんな隠NG物件はこんなタイプ!
スポンサーリンク
母子家庭

離婚後の指輪はどうしていますか?離婚の原因を納得して指輪も人生もリメイク!

3組に1組が離婚すると言われている現在!日本の離婚率は約35%前後! 平成27年度の厚生労働省の調査によると離婚件数は22万件にものぼるようです。 婚姻件数は63万件あるそうですが、せっかく結婚した夫婦が1年間に離婚する数も ...
母子家庭

母子家庭の厳しさをを忘れて没頭する!ネットビジネスで稼ぐチカラをつけるには?

世の中は、生まれた時から不公平に出来ています! 唯一平等なのが一日24時間という時間だけです。 生まれた環境も、容姿も全て公平ではありません。 人は皆・・・豊かさと、自由を求めながら暮らしています。 人は・・・・自分...
母子家庭

相対的貧困の厳しい社会を勝ち抜くヒント!それは教養を身に付けるしかない!

「相対的貧困」に該当する世帯の経済事情は大きな問題に思えません。  相対的貧困の家庭で育った子供が、教養のない親や教師を含む周囲の大人が原因で、 自分の持つ可能性や選択肢に気付けない子供が多いという問題が大きな問題です。 学校や役所等、公共の機関が子供に教養を積ませる機会をつくること、 そして親も教養を積む機会をつくることで解消していくしかないのです。
母子家庭

シングルマザーになって良かった第1位は?自由度が幸福感になる!

全国に120万世帯以上あるとされる母子世帯。 シングルマザーになって良かったこと1位は? 「精神的にラクになった!」 大変なのは・・・・??
母子家庭

子どもの貧困率が低いデンマークの5つの対策とは?

日本では貧困家庭に生まれた子ども達が、お金がないために十分な教育を 受けられなかったり、働くために進学を諦めたり、 必要な医療を受けられなかったり・・・ そのため、子ども達自身も将来的に貧困に陥ってしまう「貧困の再生産」が...
母子家庭

子どもの貧困を生み出す原因は?社会全体で子どもを育てる環境整備が必要!

日本では貧困家庭に生まれた子ども達が、お金がないために十分な教育を受けられ なかったり、働くために進学を諦めたり、必要な医療を受けられなかったり することを強いられています。 そのため、子ども達自身も将来的に貧困に陥ってし...
母子家庭

プログラミング教育とは?2020年必修化が必要か目指すべき意図は?

あっという間に・・・4月はもうすぐそこに・・・ 新生活を機に、新しいことに挑戦したい、子どもに挑戦させたい! そんな気持ちが芽生える季節です。 ピアノ、バレエ、そろばん、テニス、卓球などなど・・・ 一度はこれらの習い...
母子家庭

小学校卒業式が袴になった理由は映画と親心?禁止に賛否の声も!

東京・銀座の公立小学校が高級ブランド「アルマーニ」の制服を採用して 物議を醸している中で、間もなくやってくる卒業シーズンでも、 ここ数年沸き起こっている問題があるようです。 小学校の卒業式での「袴」着用はアリかナシか? ...
母子家庭

泰明小学校でアルマーニ標準服が9万とは?校長の独断に親からの批判の声も!

中央区立泰明小学校の「アルマーニ標準服」が、物議を醸しています。 保護者から選定への疑問や「高すぎる」という苦言が寄せられたことについて、 「教育委員会として、学校に対して舵取りが甘かった」と責任を認め、教育委員会では、 ...
母子家庭

給食費未納で給食停止?母子家庭では給食は子どもの食生活のセフティネット

昨年、埼玉県北本市の公立中学校が給食費を3カ月以上滞納する家庭の生徒に対し 給食の提供を中止すると報じられました。 これに対し、世間の反応は「保護者のモラルが欠如している」といった 批判が相次いだようです。 果たして...
母子家庭

母子家庭対象シェアハウス!群馬県営住宅で自立支援事業開始とは?

幼い子どもを育てる母子家庭を支援しようと、群馬県は新年度、県営住宅で 複数の母子家庭が共に暮らすシェアハウス事業に乗りだします。 育児を支え合ったり、相談したりしやすい環境を提供することで、 孤立感を解消し、自立を後押しす...
母子家庭

隠れ貧困40代が急増中!母子家庭も老後を見据えて貯蓄グセがないとヤバイ!

特に贅沢をしていないのに貯蓄ができていなかったり、 財布の中がいつの間にか空になっているなど・・・ 昨今「隠れ貧困」と呼ばれる人々が増えていると言うのですが・・ 一見裕福そうにみえる家庭なのに、なぜ貧困に陥るのか? ...
母子家庭

引き寄せの法則を知れば母子家庭の子育ての悩みも不安も楽になる!

引き寄せの法則を知っているか知らないかで、未来が大きく変わるとしたら・・・ 法則の仕組みを正しく学び、使い方をまず理解することで人生は大きく変わります。 全て”偶然”と”たまたま”から、引き寄せられて辿り着く! 引き寄せの...
母子家庭

母子家庭が在宅で月5万~PC1台で稼ぐ在宅副業の方法はこれ!

子どもが小さくて、正社員やフルタイムで働くのが難しい・・・ でも、パートだけで稼げる金額では十分とはいえなかったりしますよね。 あと少し収入があれば・・・・ 5万でも10万でも・・・と思う気持ちは痛いほどわかります。 ...
母子家庭

大丈夫!母子家庭の子供でも立派に育つ!母の笑顔が未来を照らす!

東大に合格するような賢い子は・・・ 親から「勉強しなさい」と言われなくても自ら机に向かう。 なぜ?ここまで違うのか?東大生179人の小学生時代 『普通の子』が成績急上昇の秘密」と題した特集の トップで東京大学に通う学生にアンケートをしています。 この中身が面白くて、まさに目からウロコの驚きに満ちたもののようです。
母子家庭

母子家庭あきらめる必要はありません!生涯生かせる在宅副業を習得!

シングルマザーの全国の人数は、およそ100万人だそうです。 全世帯数に対して、約2パーセントが母子家庭の世帯になります。 100人に2人の生徒が母子家庭と言えます。 母子家庭のお母さんが、幼い子どもを抱えて仕事をすることは...
母子家庭

母子家庭という考え方はもう古い!いじめの3つの共通点を制するのは接し方!

今あなたのお子さんは、どういった状況でしょうか? もしかしたら・・・現在いじめられてるのではないだろうか? もし・・・少し親に反抗を始めたという状況だったら、今よりさらに反抗期が悪化して、 手が付けられなくなってか...
母子家庭

これだけは知っておきたい!母子家庭の住宅手当てと家賃補助制度

母子家庭になって、まず、一番先に思い悩むのがどこへ住むのか? 母子家庭になったからといって、実家に子連れで戻れるというケースは多くはありません。 様々な事情で母子家庭になった世帯の生活の拠点となる住宅ですが・・・ 安心して...
母子家庭

高すぎる学校制服に母子家庭はどうしょう?お金が足りない!

値上げが続き、保護者などから「高すぎる」などの声が出ている<strong>学校制服ですが・・ 義務教育は、「国民が共通に身に付けるべき公教育の基礎的部分を,だれもが等しく 享受し得るように制度的に保障するもの」であり、「無償なもの」であるはずの 教育を受けるのに、なぜ、これほどの経費を保護者が支出しなくてはいけないのか? 疑問を頂く方は多いと思います。
母子家庭

母子家庭に生活保護をおすすめしない理由!男出入りは不正受給になる?

生活保護を受けないと、生きていくのが難しい母子家庭もたくさんあります。 母子家庭でなくても、生活保護を受けるということは、とてもデリケートな 問題だったりします。夫の暴力(DV)などで逃げるように離婚された方など・・・ 当面の暮らしが成り立たない方達を保護、支援の制度ですが・・・
母子家庭

子どもの貧困の現状と対策は?こどもの貧困放置は未来に渡る貧困!

一見、どこにでもいる普通の子どもたち! しかし・・いま日本では6人に1人の子どもが「見えない貧困」に あえいでいるのです。 飢えて倒れるほどではないけれど、「貧困状態」という子どもの暮らしって、 想像できるでしょうか...
母子家庭

うつ病を克服した私のひとこと!母子家庭の生活を楽しみに変える!

急に生活を担う「母子家庭」となって、働かねばならない・・仕事はない・・ そんな状況の中で・・・ストレスに負けて体調を崩してしまったり、 うつ病などの精神疾患にかかってしまった人もいるのではないでしょうか? うつ病は“こころ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました